パソコンを持っている男性

アフィリエイトとは、ブログやサイト上に広告を掲載して利益を得る仕組みのことを指しています。報酬が発生する条件は、広告の形態によって様々です。クリック数やインプレッション回数に応じて一定の報酬が発生するタイプの広告があれば、紹介した商品が購入されることによって利益が生じるタイプも存在しています。後者は成果報酬型であり、広告を経由したユーザーがリンク先で購入や申し込みといったアクションを行って初めて、収益が発生する仕組みです。クリック報酬型よりも収益発生条件がやや厳しくなりますが、報酬額が大きいというメリットを持っています。

成果報酬型広告を利用するためには、ASPを通して広告主と提携を行う必要があります。サイト運営者はASPサービスに集められた様々な商材の中から、利用する広告を選んで提携申し込みを行うのです。提携が承認されるとアフィリエイト用の広告バナーやリンクが提供されます。このバナーやリンクをサイト内に掲載し、アクセスしたユーザーがサービスを利用したり、購入といったアクションに至るよう誘導を行うのです。成果が発生すれば、ASPを通して報酬を受け取ることができます。

成果報酬型の魅力は、アフィリエイト初心者でも簡単に利用できる、という点にあるでしょう。自分が利用しているサービスを紹介したり、愛用している製品をアピールする、といった形であれば気軽に商材の宣伝を行うことができます。普段プライベートで運用しているブログにレビュー記事を書き、広告を掲載するといった形を取ることもできるでしょう。単価の高い商材、あるいは報酬率の高い広告ならたった一件の成果でも一定以上の収益を得ることができるのです。

クリック報酬型やPV報酬型のアフィリエイトでまとまった利益を得るためには、かなりのアクセス数が必要となります。成果報酬型とは異なり、利益の発生率は高くなりますが、一件あたりの報酬金額が小さくなってしまうためです。成果報酬型を利用する場合も、サイトのアクセス数は多ければ多いほど良いでしょう。しかし莫大なアクセス数を稼ぐことができなかったとしても、購買意欲のあるユーザーをしっかりと呼び込むことができれば、成果発生率を大きく高めることができます。特定のジャンルに特化したサイトを運営し、購入や申し込みといったアクションを起こしやすいユーザーを集めれば、クリック報酬型よりも効率よく稼ぐことができるでしょう。