失敗学から学べ!アフィリエイトで稼げないのはなぜ?

パソコンの画面にあるインスタグラムのアイコン

アフィリエイトサイトを運営し、継続的に利益を得ている人の割合はさほど高くないといわれています。一部の人は高額収入を実現しているのですが、その他の人はサイトが軌道に乗る前にアフィリエイトをやめてしまっているのです。なぜアフィリエイトで稼ぐことができなかったのか、その失敗理由について詳しくチェックしてみましょう。

まず最初にハードルとなるのは、サイトのアクセス数が増えないといった問題でしょう。新規に作成されたサイトは検索エンジンからの評価が全く無い状態からスタートすることになるため、なかなかアクセス数が増加しないといわれています。開設したばかりのサイトは、アクセス数が一桁続きになってしまうことも珍しくありません。更新をしても人が来ない状態がしばらく続くため、モチベーションが低下してやめてしまう人も多くなります。きちんとSEO対策を行い、独自性のあるコンテンツを継続して更新していれば、いずれ検索エンジンから評価されアクセス数も増加していくでしょう。

アフィリエイトで失敗しないためには、モチベーションを保つ工夫をすることが大切かもしれません。サイトのアクセス数は増えているのに成果が発生しない、という場合は案件選びで失敗をしている可能性があります。サイトコンテンツの内容やユーザーの属性と、広告内容が不一致となっているため、成果が発生しないのです。セールスライティングが上手く行っていない、ということも考えられます。主観的すぎる内容のためユーザーがついて来れず、広告クリックにまで至らないのです。取り扱うジャンルによっては、あえて主観的な記事を書いたほうが効果的となる場合もあるでしょう。

その他の要因としてコンテンツに独自性がなくユーザーが関心を持ってくれない、商品やサービスの魅力が伝わっていないということが考えられます。取り扱う案件に合わせた形でセールスライティングを行うよう心がければ、成果発生率を上昇できるかもしれません。

検索エンジンから訪問するユーザーとサイトコンテンツが不一致となっている場合もあります。キーワード選定を誤ってしまい、ターゲットとしているユーザーをサイトに誘導できていないのです。そうした場合はコンテンツSEOを意識してキーワード選定を行い、サイトを最適化すれば状況が改善するでしょう。どういったユーザーに対してどんな広告を紹介したいのか、この部分をしっかりと意識した上でSEO対策を行うことが大切です。